青森県民医療機関連合会 家庭医療後期研修プログラム

年間スケジュール

ローテーションの考え方

内科、小児科、整形外科の比較的深い知識と技術の獲得を目標としたスケジュールとする。特に地域の中小病院の医師不足が深刻な問題となっているため、1.5年にわたって中小病院での内科病棟診療を行う能力を養成する。訪問診療の研修もこの中でも行っていく。また、精神科領域、皮膚科領域その他は、個別ローテートでは設定せず、教育診療所研修期間中に可能な形とする。特に精神科領域は、精神科医と定期的なカンファレンスを持ち、フィードバックを受けることで能力を育成する。選択研修では、後期研修医本人と相談し、病院・診療所・他科の研修などを選択する。

【例】
研修年数
 
1年目
中小病院の内科病棟(診療所外来・訪問診療も数単位)
2年目
中小病院の内科病棟
(診療所外来・訪問診療も数単位)
選択研修
3年目
診療所外来・訪問診療(6ヶ月) 短期他科外来研修
(小児科3ヶ月・整形外科3ヶ月)