青森県民医療機関連合会 家庭医療後期研修プログラム

評価・認定

研修評価

自己評価および指導医、研修医、他職種、患者・生協組合員からの評価をあわせて行います。

  • ・ポートフォリオ評価
  • ・自己評価表にもとづく評価
  • ・指導医、他職種、患者・生協組合員から評価表や、聞き取りにて評価をもらう
  • ・学会発表・研究活動を評価の参考にする
  • ・各科研修終了時に研修到達度評価を行う → 6ヶ月ごとに研修医と研修総括を家庭医療学センターにて行う

研修評価を行うごとに次の研修目標を修正する

  • 全研修終了時に家庭医療学センターにて総括評価(研修目標に到達したと判断された場合「修了証書」を交付します)

研修支援

  • ・全研修期間を通じて、研修医1人ごとにそれぞれメンターとして指導医をつけて、定期的(最低1ヶ月に1回)に援助、形成的評価を行う。