2011 年 8 月 30 日

日本プライマリ・ケア学会 東北ブロック支部設立総会

2011年8月28日(日)、仙台市医師会館で行われた上記の会に参加しました。

〇特別講演「東北復興への期待」前沢正次理事長
プライマリ・ケア学会の現在までの取り組みや、震災での地域医療についての教訓、総合医の役割と重要性など、とても勉強になりました。

〇記念シンポジウム「震災におけるプライマリ・ケア-多職種連携による震災支援」
震災時に、どのような状況で、どの様に各職種が連携をとってやってきたかということが紹介されました。

医学的な視点のみならず心理社会的背景・生活その他の複雑な状況の中で復興に向けた取り組みをしている姿が、非震災地の通常の診療にとっても学ぶところが大きいと思いました。

全体として:

プライマリ・ケアの質的・量的発展を通じて青森、北東北の医療の発展に寄与していけたらいいな~と思います(坂戸)

2011 年 8 月 29 日

全日本民医連在宅医療交流集会に参加

2011年8月27日、上記に参加しました。

医師以外にも多くの看護・ケアマネ・事務等が参加し、300人規模の予定が500名以上の参加になったようです。
在宅診療の重要性がますます高まっていくことが予想されること、一人所長の多い中、在宅診療のバックアップ体制の構築が必要なこと、医師養成・看護師養成が重要な課題であること、高齢者の居住やコミュニティーの形成など、色々学ぶことが多かったです。
(坂戸)

2011 年 8 月 6 日

高齢者にやさしい診療所第6回ワークショップ

2011年8月3日、高齢者にやさしい診療所の第6回ワークショップを当院(健生黒石診療所)で行いました。

今回のテーマは「環境整備」。

施設そのものや掲示物が、高齢者だけではなく全利用者にとってわかりやすく利用しやすいものになっているか、チェックリストを使ってチェックしてみました。

駐車場のサイズ、ドアの入りやすさ、掲示物の文字の大きさと内容、階段の大きさや手すりの高さなど・・・課題となるものはたくさんありました。

少しずつ整備をしていきたいと思います。このワークショップを通じて具体的に診療所の改善を進めることができそうなのでとても良かったです(坂戸)。