2010 年 1 月 29 日

協立クリニック・青森保健における在宅看取りの取り組み

2010年1月24日に、アピオあおもり(青森市)で行われた
青森保健生活協同組合 第2回組合員・職員活動交流集会にて
「協立クリニック・青森保健における在宅看取りの取り組み」というテーマで口演演題を発表しました。

参加者は診療所や病院の職員と組合員さんたちなので、一般のかた向けに「自宅で最期の日々を送る」ということについて、日々の取り組みを紹介しました。

厚生労働省の調査などで、多くの方が最後まで自宅で療養したいと考える一方で、それは「家族に負担がかかる」あるいは「急変時の対応に不安がある」ことから、困難と考えているということが言われています。

自宅で最期の日々を送ることを希望される方に対して、それを訪問診療や訪問看護で支える取り組みを、今後もこつこつ続けていきたいと思います~(坂戸)

2010 年 1 月 14 日

医学生実習

2009年12月28日、群馬大学医学部5年生の有路登志紀さんが実習を行いました。

上の写真は往診前(左側が有路さん)。下の写真はカンファレンスの様子(中央が有路さん、左側は初期研修医の今医師)。

12月28日(月)午後は訪問診療に同行。29日(火)午前は診療所の外来を初期研修医から指導、午後はケアマネージャーからのレクチャー+私(坂戸)と初期研修医と一緒にカンファレンスでした。

「将来家庭や地域を視点とした医療をしたい」とのことで、積極的に実習を行っておりました。

興味のある方、実習の相談はお問い合わせくださいませ~(坂戸)。

2010 年 1 月 14 日

公開倫理講座

あおもり協立病院では、2003年から、あおもり協立病院倫理委員会を発足し、病院で行われる医療行為及び臨床研究において生じる倫理的諸問題につ いて検討・活動を行っています。2004年から、より多くの方に医療倫理について考える機会を提供する事を目的に公開倫理講座を年に2回開催しています。

先日2009年10月31日に島根県 出雲市民病院 鈴木正典先生をむかえ、「写真で見せる回想法~高齢者の人格を尊重したケア(person-centerd care)を目指して」をテーマに、第8回公開倫理講座を開催しました。

http://www.aomori-h-coop.com/kyoritsu/zoom/index.html#dai003

家庭医療学センターの取り組みということではないですが、私(坂戸)が責任者として関わったので、ご案内します~。

興味のある方はご覧くださいませ(坂戸)。