2009 年 5 月 13 日

慢性疾患医療交流集会に参加しました&診療の質改善

 

  2009年5月9日(土)~8日(日)にかけて、仙台で行われた上記の集会に参加しました。
全日本民主医療機関連合会の主催で、全国から200名以上の参加者がありました。
 
  中でも印象的であったのは、「診療所から始めるQuality Improvement」というテーマで行われた小嶋一氏(手稲渓仁会病院)の講演です。
  QI(診療の質改善)の考え方や、具体的な取り組み方について、わかりやすい内容でした。
「ブレインストーミングで取り組みたい問題点を挙げ、具体的な項目について到達可能な目標を立ててコツコツ行う」という話がとても参考になりました。

  QIの取り組みの参考文献も色々挙げて頂いていましたが、AAFPにも記載があるというのは恥ずかしながら知りませんでした。
http://www.aafp.org/online/en/home/practicemgt/quality.html
  診療所の外来の診療の質を改善する取り組みをしていきたいな~と思いましたが、仕事が増えるということにためらいが・・・(坂戸)

2009 年 5 月 5 日

在宅医療フェローシップ

 協立クリニック、中部クリニック、安方クリニック、八戸生協診療所で、訪問診療について研修する「青森民医連在宅医療フェローシップ」プログラムを立ち上げ、先日、日本在宅医学会から正式な認定を受けることができました!

 

日本在宅医学会ホームページ
http://jahcp.gr.jp/

 

 5年目以上の医師が対象で、1年間研修をすることによって、日本在宅医学会の専門医試験の受験資格を得ることができます。

興味のある方はご連絡くださいませ~