2008 年 10 月 30 日

「家庭医療エクスターンシップ in 青森」を開催しました。

 

  10月23日(木)、中部クリニック(写真右は原所長)にてエクスターンシップを行いました。
 実習をしたのは、弘前大学医学部4年生、斎藤高さん(写真左)。
 外来・訪問診療・勉強会(+懇親会)と、地域医療の現場を経験して頂きました。

 私たち医療スタッフも刺激になり、大変勉強になりました。
 今後も予定していきますので、興味のある方は是非今後もご参加ください。(坂戸)

2008 年 10 月 30 日

プライマリケアレクチャーシリーズ

後期研修医の平塚です。

健生病院にきて2週間(実質1週間)がたちました。
今日から健生病院でもプライマリケアレクチャーシリーズに参加することになりました。
プライマリケアレクチャーシリーズは札幌医科大学 地域医療総合医学講座主催のテレビ会議で
プライマリケア領域で必要となる内容についての講義が受けられます。
初回参加者は3名でしたが、これからも多くの人と一緒に勉強したいとおもいます。

2008 年 10 月 27 日

診療所研修を野村医師が開始しました(卒後初期臨床研修)

                                      

 10月6日から、野村理医師(初期研修医2年目)が中部クリニックにて診療所研修を開始しました(写真左)。
 卒後初期臨床研修の一環としての研修です。
 外来、往診などを中心に、研修をしています。
 訪問看護実習、家庭医療カンファレンスやスタッフカンファレンス、医学生実習の指導など、多岐にわたり取り組んでいます(坂戸)。

2008 年 10 月 25 日

五所川原

後期研修医の平塚です。
今日は五所川原の診療所にきました。五所川原はりんご農家が多く、今年はヒョウや霜の害が大変だったそうです。今度からスーパーで売ってる傷ついたりんごも買おうかなぁと思いました。
看護師の方から聞いたのですが、この辺は雨が多いと仕事にならないので診療所が込み合うそうです。今日はいい天気なので、皆さん仕事に行かれているのでしょうか。外来は比較的すいています。
青森県内には民医連の診療所として中部クリニック、五所川原診療所、津軽医院(浪岡)、八戸診療所、黒石診療所があります。それぞれ所長が違うのですが、DM管理に力を入れている診療所があったり、骨粗しょう症の管理に力を入れている診療所があったりして、カルテを見ているだけでも勉強になります。

2008 年 10 月 21 日

診療所

平塚@後期研修中です。

先週の金曜日から協立病院を離れ、健生病院に異動になりました。異動して早速やっているのは「診療所支援」です。津軽医院の石森Drが夏休み中のためその代わり金曜日午後、土曜日午前~日曜日午前、月曜日~火曜日夜までというハードなスケジュールでなんとかやっています。

実際に診療所で診療をしてみると、病院の外来とは違った専門性があるのが改め考えさせられました。今回は支援という形ですが、今後の診療所での研修をどうやってやっていくか考えるいい材料になりそうです。

2008 年 10 月 11 日

家庭医後期研修中間総括報告会+認知症学習会を開催しました

プレゼンテーションする後期研修医(平塚医師)

 

  10月10日、後期研修医(平塚医師)があおもり協立病院での1.5年の研修を終え、中間総括報告会を行いました。
 青森民医連での家庭医後期研修は、「非選択的・包括的に診療する能力」「自殺予防とこころの問題に対する外来診療」「訪問診療」など18項目の目標(ショーケースポートフォリオエントリー領域)を設定しています。
 それぞれについて一定の到達を得ることができ、残り1.5年の研修にむけた節目とすることができました。

 また、平塚医師が、この間学んだことをまとめて、医局対象に認知症の学習会を開催。
 認知症が以外と見落とされていること、中でもレビー小体型認知症に注意を要することなど、ポイントを押さえた学習会となりました。

(坂戸)